SSブログ

鴎外荘 [英国 制服 ]

大詰めを迎えながらも、コロナ禍で思うように進まない
作業をしている最中です。

コロナでの外出自粛が厳しくなる前に、
出版予定の本、実は校正作業は自宅でない場所で1日、
試験的にそして集中的にやってみました。
場所は都内にある温泉宿「鴎外荘」。
ここはもと作家の森鴎外の旧邸(家屋敷の一部が
残っており、それがホテルの中にあるのです。予約制で、
会食のためのお部屋がいくつかあります)のあるホテル。
ホテルの日帰りプランで行ってきました。
家から徒歩と地下鉄を含め50分ほど。
IMG_6215.jpg

森鴎外の旧邸は以前から見てみたかったのですが、
ホテルが閉館予定(5月末までのようです)であり、
旧邸も移築されてしまうらしいときいていたので、
この機会を逃してはダメだと思ったからです。
和洋折衷スタイルの素敵な邸宅です。
IMG_6191.jpg
IMG_6197.jpg
詳細はこの記事が参考になります。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020051302100028.html

9時間滞在のプランで、到着すると早速仕事。
静かで、猫にも邪魔されず(昼寝をするまで気まぐれな
かまってちゃん攻撃が激しいのです)、サクサクと
作業を進められました。
ランチもホテル内のレストランで頂き、
仕事に戻り、ホテル内の入浴可能タイム(このホテルは
東京23区内でも珍しい温泉が湧いているのです)に、
お湯に浸かり、再び仕事…が、あっという間!

校正は何度も見返すものなので、1日ではもちろん終わる
わけもないのですが、集中できたという点では良かったです。
今更ながら、この宿がなくなってしまうのはとても残念です。

アフターコロナ、様々な傷跡を残しながら、収束するのだと
思いますが、現時点でなんとも言えない気持ちです。

新刊は、発売日が決まったらまたご案内します。

こんな感じで作業してました。
IMG_6213.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。