SSブログ

鴎外荘 [英国 制服 ]

大詰めを迎えながらも、コロナ禍で思うように進まない
作業をしている最中です。

コロナでの外出自粛が厳しくなる前に、
出版予定の本、実は校正作業は自宅でない場所で1日、
試験的にそして集中的にやってみました。
場所は都内にある温泉宿「鴎外荘」。
ここはもと作家の森鴎外の旧邸(家屋敷の一部が
残っており、それがホテルの中にあるのです。予約制で、
会食のためのお部屋がいくつかあります)のあるホテル。
ホテルの日帰りプランで行ってきました。
家から徒歩と地下鉄を含め50分ほど。
IMG_6215.jpg

森鴎外の旧邸は以前から見てみたかったのですが、
ホテルが閉館予定(5月末までのようです)であり、
旧邸も移築されてしまうらしいときいていたので、
この機会を逃してはダメだと思ったからです。
和洋折衷スタイルの素敵な邸宅です。
IMG_6191.jpg
IMG_6197.jpg
詳細はこの記事が参考になります。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020051302100028.html

9時間滞在のプランで、到着すると早速仕事。
静かで、猫にも邪魔されず(昼寝をするまで気まぐれな
かまってちゃん攻撃が激しいのです)、サクサクと
作業を進められました。
ランチもホテル内のレストランで頂き、
仕事に戻り、ホテル内の入浴可能タイム(このホテルは
東京23区内でも珍しい温泉が湧いているのです)に、
お湯に浸かり、再び仕事…が、あっという間!

校正は何度も見返すものなので、1日ではもちろん終わる
わけもないのですが、集中できたという点では良かったです。
今更ながら、この宿がなくなってしまうのはとても残念です。

アフターコロナ、様々な傷跡を残しながら、収束するのだと
思いますが、現時点でなんとも言えない気持ちです。

新刊は、発売日が決まったらまたご案内します。

こんな感じで作業してました。
IMG_6213.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

自粛と映画 [英国]

日本でも、海外でもいまだにコロナの影響は大きいですね。
仕事の打ち合わせに、Zoomを使ったのは初めてでした。仕事の内容上、
やはり若干のやりにくさを感じました。

海外渡航も限定&制限があり、難しい状況です。
例年、6月には渡英予定があり、そのために年始からいろいろ調整を
するのですが、今年はGWあたりに新刊発売予定があり、
渡英予定は保留していたのですが、出版自体もずれこみ、
英国行きは年内ですら困難になり、楽しみにしていた
英国のニュー・アドベンチャーズによる
マシュー・ボーン版『赤い靴』来日公演もキャンセルになりました。

映画館も日本国内ごくわずかしかオープンしておらず、
劇場公開の新作がいつみられるのかわかりません。

実は来週からキーラ・ナイトレイ主演の
『オフィシャル・シークレット』という英国映画が公開予定でした。
イラク戦争開戦前、英国の諜報機関で驚くべき情報を
知ってしまった女性の勇気と行動の実話の映画化です。
詳細は下記の公式HPにありますが、実話だということ、
出演がキーラのほか、レイフ・ファインズ、ドクター・フーの
マット・スミス、ダウントン・アビーのマシュー・グードなど、
英国映画・ドラマファンには見逃せない出演陣です。
6月には公開されることを願ってやみません。
http://officialsecret-movie.com/

また、英国映画はミニシアターなどでかかる場合も多く、
配給会社も小規模なところが結構あります。

そういう意味でも、以下の団体を応援しています。
もしブログ読者の方で興味を持たれたら、とりあえず下記サイトを
覗いてみてください。私も応援しています。
良心的な規模の公開規模小さな作品を、やはり映画館で見たいし、
配給会社に頑張ってもらわないと、ハリウッド大作ばかりに
なってしまうのは寂しいからです。

ミニシアター・エイド
http://chng.it/Wwz7L27RQn

Help! The 映画配給会社プロジェクト
https://note.com/help_the_dsbtrs

最後に、私の自粛期間中の楽しみは、
自転車で行ける英国菓子のお店で
買ってきたケーキでのティータイムです。
とはいえ、事前予約して火曜日にしか受け取れません。
写真は、ヴィクトリア・スポンジという
英国ではスタンダードで一般的なケーキです。
ティーカップは、Ikumi Hirumaさんという方の作品です。
IMG_6245.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

コロナの影響下で、覚書(映画のこと) [その他]

コロナの自粛要請の中、みなさんそれぞれの生活をされています。
今回はその覚書のようなことも書いておきます。
あまり体が自由でない母は、弟ととある地方都市に暮らしていて、
少し気がかりではありますが、
ひと月おきに訪問していましたが、今年は2月下旬から行っていません。
弟は仕事上、毎日出勤せざるを得なくて、それも心配です。

我が家は家人がリモートワークになりました。
週になんどか会議をしていますが、外見の無頓着さが加速してきました。
さらに最初は画像付きでしたが、音声だけになったのをいいことに、
猫たちを侍らせて会議をしています。(-_-;)

私は執筆作業は自宅でしたが、今まで校正や資料を読むのには
図書館を使ったり、カフェに行ったりしていました。
人それぞれですが、その方が集中できるからです。
また、頻繁に見に行っていた映画の試写が、3月下旬から
なくなり、映画館も閉じた今は一部送られてきたDVDを見ています。

もちろん普通に映画館でも映画を見ていましたが、
それもできず寂しいです。
DVDでも、ネットでも見られるじゃないか、と言われるかも
しれませんが、私は大きいスクリーンで見るのが好きです。

最近いちばん泣けた映画は英国映画ではなく、
ストップモーション・アニメの「ごん GON、THE LITTLE FOX」です。
https://gon-cinema.jp/

動物好きにとっては、もともと泣ける話ですが、
このコマ撮りアニメの、主人公のごんの造形や動きに
心を激しく揺さぶられてしまいます。
すでに公開されましたが、今は映画館はクローズ。
この映画がかかるのはその中でもミニシアターと呼ばれるような場所です。

ミニシアターは今、コロナの影響下で存続の危機にあるとききます。
コロナが収束したら、この映画に限らず、足を運びたいと思います。
メジャー映画は上映館も多く、テレビでのオンエア機会も多いですが、
ミニシアターは規模が小さい、ローバジェットの良作がかかります。
なくなってしまったら、そういう映画をスクリーンで見る機会が減って
しまいます。

そんなふうにはなってほしくなく、
こういうサイトもあるので、関心を持っていただけたらと思います

http://savethecinema.jp/#home-about


nice!(0)  コメント(0) 

新刊進行中 [英国 制服 ]

コロナウィルスの影響が各所に出ている今日この頃。
皆さんはどんなふうにお過ごしでしょうか。
あれこれと気疲れすることが多く、いつも以上に
ブログに間を空けてしまいました。
こんな私にお付き合いくださって読んでいただいている方々には
感謝いたします。

1年半くらい前から動き始めた単行本が、
いつも以上に色々と難航していました。
テーマは英国の学生服です。

そこにきてこの世界的なウイルスの影響で
さらに作業がしづらくなったりして、私の当初の予定では
念頭に発売が3月、5月とずれていきました。
まだ決定ではないですが、GW明けを目指して作業しています。

可能な限り、取材対象の学校に直接交渉して資料(画像)を
集めるのが年を追うごとに難しくなり、前作でもうこれが最後と
思ったのですが、そうするには惜しい情報も入手できたため、
やっとまとめることが出来ました。

中でもイートン・カレッジについては、おそらく私のような
アプローチでご紹介するのは他ではできないのではと思います。
実物の制服を使っての撮影による解説です。
しかも、日本人では初めてなのではと言われている
POPの生徒さんのものです。
POPというのはイートンの監督生の中の選りすぐりのメンバー
(ウィリアム王子やエディ・レッドメインがそうでした)
のことです。

今までの本に書けなかったことや新情報もたくさん盛り込みました。
今しばらくお待ちください。
IMG_4144.jpg
画像は昨年訪れたロンドンのキャットカフェの猫です。


nice!(0)  コメント(0) 

新春、制服本のお知らせ

新年あけましておめでとうございます。
家に二代目の猫たち二匹がきてから3度目の冬を迎えました。
IMG_5395.jpg

本当なら昨年中に出したかった新刊が、今年の春ごろにずれ込み、
今は追い込み中です。

内容をほんの少しだけご紹介すると、英国の学校制服に関する本です。

紙の本の出版が色々な意味で難しくなり(書店は激減し、出版業界も
厳しくなりました)、さらに私の作りたい
本のジャンルは本当に取材が厳しくて、昨年頭の時点では
諦めていましたが、英国で最も有名なパブリック・スクール、
イートンカレッジやハロウ・スクール卒業生のお親御さんと
知り合ったことで、光が見えてきて、再び本づくりにトライ
することになりました。

どちらの卒業生の方も、プリフェクトであり奨学生でもある
優秀な方たち(卒業後はオックスブリッジ在学中!)。
さらにそのつてで、現職の先生のインタビューもできました。

ただ、その後が大変で、もろもろの許可や記事の確認など
足掛け6カ月。これがNGになったら、出版キャンセルにも
なりかねない事態でした。一時期ノイローゼになりそうでした。

そんなことも含め、前作にない要素をたくさん盛り込みましたので、
ご期待ください。

それから「猫びより」の3月号に、夏に取材した猫たちをご紹介
できると思います。

3月いっぱい、かなりハードな日々になるので、更新もどうなることやら。
でも頑張っていきます。


nice!(0)  コメント(0)